ドラマーじゃない人は知らなそうなドラムフィルイン集

LINEで送る
Pocket

どうも、ずーみーです。

昨日の記事結構RTいただきまして、ブログ始めて一週間なのにいきなりPVが3000超えました・・・
ドラムって、ストリングスやホーンみたいによく知らないからとりあえず使わないっていうことがしづらいので、関心が高いんですね・・・
あとちょっとだけ追記しました。





「やってはいけない」ばっかじゃアレなので、ドラマーは知ってるけど他のパートの人は何やってるかイマイチわからなそうなフィルインを紹介します。

(2019/3/21追記)2年ぶりに第二弾やったよ!

①SMOKY風ハイハットのオープンクローズ

B20170413_2

Charさんの「Smoky」のイントロみたいな、ツジャッジャッってやつです。教えてて、どうやるんですかって聞かれることが今のところいちばん多いのがこれかも。
クローズハイハットのところはタイでつながってるので、実際はペダルハイハットです。要はオープンしたものを閉じるだけ。オープンのときに同時にバスドラを鳴らします。多分多くのドラム音源はオープンの次にペダルハイハットを鳴らすをうまいこと連動して音が途切れてくれると思います。ペダルハイハットのベロシティはやや小さめがスマートかも。

②ジョン・ボーナム風腕力系フィル
B20170413_3

Led Zeppelinのドラマー、ジョン・ボーナムがやってそうなフィルです。こういう音符のあまり細かくないフィルは、装飾音符をいれないと間が持ちません(打ち込みでは特に)
フィル1打目は「フラム」という、両手で同時に叩くものです。そこそこのドラム音源ならフラムはフラムで入ってると思うのでそれを使うか、スナップをオフにして2打を僅かにタイミングをずらして打ち込んでもよいです。その際、1打目のベロシティを小さくすると良いです。ジャストの位置に合わせるのを1打目にするか2打目にするかは曲によります。今回は1打目をジャストに合わせてます。
次の2音の装飾音符は、スナップをオフにして大体等間隔になるように置きましょう。この2打はベロシティかなり小さく、2音の差はあまりつけなくてよいです。
あと、フィル中ペダルハイハットを四分で踏んでます。こういう大味なフィルだと特に大切かもしれません。
音色的には、セット全体としてピッチが低くて太い音が合うと思います。

③ドラムソロのシメらへんで出てきがちなスネアタムバスドラ3連フレーズ

B20170413_4

これはまぁあまり言うことなくこのまんまです。BPM170くらいまでなら普通に使って問題ないと思います。バスドラを効果的に使うことですごいことやってる感を出せますね。




④Paradise City風6連フレーズ

B20170413_5.png

この6連を連続でやると、Guns ‘N’ Rosesの「Paradise City」のエンディング前(4分半くらいのとこ)のドコドコ言ってるドラムになります(これだけでParadise City風と言って的確かどうかは謎)。あとラルクの「いばらの涙」のサビ前とか。
③と並んで「2バスじゃないドコドコ感」を演出できるトリッキーなフレーズです。
ちょっとバスドラのとこの楽譜がこなれてなくてすみません。

⑤ゴスペルチョップ風パラディドル使ったっぽいフレーズ

B20170413_1

パラディドルというのは、すごーく大雑把に言うと、片手で連続する2打を含んだパターンです。
RLRR LRLLとか、RRLR LLRLとか。ドラマーの皆さんはこういういろんなパターンを練習し応用して、複雑なフレーズを叩きます。最近のゴスペルの伴奏は、進化しすぎてこういう複雑なドラミングを取り入れるようになってきてるみたいです。Aaron SpearsとかChris Colemanとかの動画見て下さい。すごいから。
このフィルは、RLLR LRRL RLLR LRRLをいう手順を想定してます。単発のショットは強く、片手2打連続のところを弱くすると、ノリがでてきます。譜面には現れてませんが、16分裏で入るハイハットはオープンにし、①と同じように直後にペダルハイハットを置き、シャッと閉まるようします。
BPM140以上くらいで、しかも16分ノリがあるような曲にハマるんでは、と思います。

 

如何だったでしょうか。また思いついたらやりますね~。

いちおう使ってるドラム音源リンク貼らせてもらいますね〜

created by Rinker
Toontrack
¥41,800 (2020/03/28 22:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

ではまた。ずーみー@zoooomyでした。




LINEで送る
Pocket

「ドラマーじゃない人は知らなそうなドラムフィルイン集」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です